スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無意識の差別


先日のことですが、たまたま家の外に出ていたところ、生協のトラックがきました。
私も一応、入ってはいるのですが、最近は毎日出かける用事がありついでに買い物するので、ほとんどご縁がない。

でも、まあ配達のお兄さん(20代半ば)とは顔見知りなんで、挨拶はします。
で、他にまだ誰も来ていなかったので、ちょっとばかり世間話など、まあ自然な流れです。

お兄さん「最近、あまりお会いできませんねえ」
私「ええ、まあ、出かけること多いんで」
と、お兄さん、うちのカーポートの車(セレナ・ハイウェイスター)を見て一言。
お兄さん「あんな大きい車運転しはるんですか、すごいですねえ」
うーむ・・・。
私「いや、大きいって別にトレーラーとか大型バスってわけじゃないし」
お兄さん「あはは、ところで、今週何かご注文ないですか?」
私「あ、今日はいいです」
お兄さん「そうですか、またお願いしますね」(落胆)

いえね、私もせっかく久しぶりに会ったんだから牛乳1パックでも買おうかなと思ってはいたんですが。
彼の言葉にちょっとイラッときたので思わず上記のようなすげない答えを返してしまいました。

なんでイラッとしたのかというと。

例えばですね、私が彼と同じくらいの若い男性だったとしたら。
セレナ程度の大きさの車に
「あんな大きい車・・・・」
とか言います?

もし言ったら
「なめてんの?」
ってキレられると思うんですがどうでしょう。

まあ私もいい年して人間できてないなーと自分で思いつつも。
「え、それどういう意味やねん。あたしみたいなオバサンはもっとコンパクトな車に乗っとけってことか?!」
と、つい思ってしまったんですね。

もちろん彼にそんなつもりはなくて、むしろ褒めてるつもりだったんでしょうけど。
私には上のように聞こえてしまったんですね。


それだけのことなんですけど。
こういう無意識の差別、みたいなことって、わりとあるかな、と思いました。

言葉もそうだけど、書くものも。
気をつけないといけないなーと思ったりして。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。