スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況(生存?)報告です。


お、お久しぶりです。はい、お久しぶり過ぎますね。

前回の更新から一ヶ月半が経過しております、もちろんここまで放置したのは初めてです。まことにあいすみません。
ええと、生きております。
少々疲れ気味ではありますが、元気です。
ただ気力をどこかに落としてきたらしく、現在鋭意捜索中です。創作中じゃなくてすみません。

うーん、なんというか形にならないというか、集中してものが考えられなくなってます。

ぼんやりとアイディアは浮かぶのですが、それを練って文章にする気力がどうにも。
焦らなければそのうちまた書きたくなるのかな、と思いつつ様子見中です。
連載中ものもありますし、このままFOはしたくない、とは思っているのですが。

なんか言い訳ばかりですみません。

というわけで、近況を少し。
この間、東京に住む友達が大阪に遊びにきてくれました。
たまに電話で話したりはしてたのですが、実際に会うのは本当に久しぶりです。
「どうしようかー」と相談してたのですが、今更観光でもないし、落ち着いた場所でゆっくり話したいね、ということになり、彼女が提案してくれたのがホテルのティー・ラウンジでのアフタヌーン・ティー。
アフタヌーン・ティーって こんなの ですよ。
私、雑誌とかで見たことはあるのですが、実際に体験したことなんかないです。
しかも場所は梅田の某高級ホテル。
朱里さんに誘われた蒼くんじゃないですけど、ワタクシ、そんな場所に足を踏み入れたことなどございません。
だ、大丈夫なんだろうか?
と内心ドキドキしながら、もの慣れた様子で高級そうな絨毯の上を歩く彼女についていきましたらば、とっても素敵なラウンジに到着。天井にはでっかいシャンデリアがあったり、それはもう全く非日常。
で、出てきたのがこれ

120426_1216~01

これはまさしく、本でみたことのある3段のティー・スタンド。
1段目がサンドイッチとキッシュ。2段目がマフィンとスコーン、そして3段目がデザート。トライフルがおいしかったです。
で、彼女が「最近ネットで見かけませんねー。忙しいんですか?」
と聞くので「いやー、それほどでもないけど、なんか書けなくて」
「じゃあ、今日のこれで何か書きませんか?」
「ホテルでアフタヌーン・ティー?いや、うちの主人公貧乏だからさ、作者と同じく」
「えーと、じゃあ。女の子が初めてアフタヌーン・ティーを体験するとかってのは?」
「うーん、あ、でもそれが金持ち男の奢りだったりしたらすげえ腹立つ」
・・・苦笑されました。

まあ、それはさておき。
ひさびさに友達とじっくり話せたのはとっても楽しかったです。
アフタヌーン・ティーの話はそのうちにきっと。
あたしが書くとすごい地味になったりして。

ではまた。

長いこと休んでた間も見てくださった方、ほんとにありがとうございます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。