スロースターター20

スロースターター20


いきなり抱きしめられた奈央は突然のことに驚いたのか、しばらくの間固まっていたが、我に返るとオレの腕の中から逃れようともがいた。
離したくなくて、腕の力を強める。それでも何とかオレを引き剥がそうとしていた奈央だったか、諦めたのか不意に抵抗をやめた。

「奈央」
「どうして?」
「え?」
「どうしてこんなことするの?」
「どうしてって・・・」

それは奈央が好きだからで・・・。
だけど告白する前に抱きしめたのはフライングだったかな。

「もう駿也に頼らないようにしようって心に決めて、電話もメールもしないようにしてたのに、こんなことされたらまたその決心が鈍ってしまうじゃない。また駿也に会いたくなって、話したくなって、それから」
「それから?」
「言えないよ・・・」
「なんで?」

奈央の顔を覗き込むようにして尋ねると、奈央は小さく頭を振った。それ以上は何も言ってくれなかったけど、奈央が本当はオレと会いたい、話したいと思っていてくれたことがわかった。それだけで勇気が沸いてくる。

「奈央、オレが今日何しにきたか、さっき言ったこと覚えてる?」
「あ、話があるって」
「うん」
「ごめん、あたしばっかり話して。なに?」

奈央に正面から見つめられると、急に心臓の鼓動が速くなった。
よく考えたら、真面目に女の子に告白するのは人生初だ。
落ち着け。通じる、通じないにかかわらず、きちんと自分の今の気持ちを伝えるんだ。
オレは深呼吸すると奈央の顔を見つめ直した。
スポンサーサイト