スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆめいろ・バウム Part6 二人分

Part6 二人分


パーティのメニューは、スモークサーモンのマリネに、シュリンプカクテル、アボカドとクリームチーズ、グラハムクラッカー、シーザーサラダ、それにピッツァ・マルゲリータ。

美紅と付き合うまで、コンビニ弁当を温めることと、トーストを焼くくらいのことしかしてなかった極小キッチンで、これだけのものが出来ることに驚いてしまう。

「すごい、テーブルに載りきらない」
「うん、そうだね、だからこれもってきた」

美紅はそういいながら、バックから新品のレジャーシートを取り出して、カーペットの上に敷いた。

「何かパーティっていうよりピクニックみたいだけど」
「いや、こういうのも楽しいよ。しかし、やっぱりテーブル狭いな、でも大きいテーブルだと身動き取れなくなりそう」
「あたしはこれでいいよ。シートは置いていくから、載りきらないときは使えばいいし、普段は大皿盛りしないしね、2人分の食器なら十分でしょ」

2人分の食器。偶然だろうけど、今日はつい結婚をイメージしてしまうキーワードが多いなあ。いちいち反応してしまう俺が意識しすぎなのか。

「じゃあ、とりあえず、乾杯する?まだ日付変わってないけど、前夜祭ってことで」
「うん、ありがと。あ、蒼くんはビールとかのほうがいいのかな」
「いや、ジュースでいいよ。それこの前友達が来たときに置いていったやつだし、美紅が飲めるようになってからでいい」
「そう、じゃあ・・・」
「あ、待って」

美紅がジュースを注ごうとするのを慌てて止める。

「今日は美紅が先、だろ?」
「そっか、忘れてた」

肩をすくめる仕草も可愛いなあ、と思いながらグラスにオレンジジュースを注ぐ。
グラスを合わせて、一口飲んだらパーティの始まり。
やっぱり最初はピザ、冷めないうちに食べたい。
噛むとサクッといい音がした。そして、トマトソースとバジルの香り、チーズの旨味が広がる。

「うまい、絶品・・・」

お世辞じゃなく心からそう思った。

「うふ、ありがと。あたし、何のとりえもないから、料理くらい頑張らないとね」

美紅の笑顔に胸が締め付けられた。
なんでそんなふうに思うんだろう。よほど辛いことがあったのかな、誰が見たって可愛いし、性格もいいのに。
でも、そんなことじゃなく、俺にとって美紅はこの世で唯一の特別な存在で、なにものにも代えがたくて。
うまく言えない。けど、この思いが伝わるといい。
その手段を思いつけない自分がもどかしくて情けない。

「こんなうまいピザが毎日食べられたらいいな・・・」

何かもっと気の利いたこと言えないのか、と思いつつ、内心の願望も交えてそう言ってみる。

「そう?そんなに気に入ってくれたなら、毎日作りにきてもいいけど。でもやっぱり毎日だと飽きない?和食も食べたいし」

・・・通じませんでした、神様。
思わず天を仰ぎたくなったけど、でも、美紅が元気になったから良しとしよう。
でも・・・
やっぱりわかってほしかったな・・・




なかなか通じません・・・
どうしましょうねww
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。