スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとに好きな人 -Melting chocolate エピローグ

Melting chocolate のエピローグです。
本編を読んでからご覧ください。「解答編」でもあります。



ほんとに好きな人 -Melting chocolate エピローグ


「ところで、なんでここがわかったんだ」

俺はさっきから気になっていた質問を口にした。
彼女は俺のメアドは知っていてもここの住所は知らないはずだ。
大学から駅に向かう途中、毎日ここの前を通り過ぎる。そのたびごとに「誘ってみようか」と考えて、自然に歩みが遅くなってたりしてたんだけど、もしかしてそれを見抜かれてたんだろうか。

「先輩に聞いたの」

そうか、先輩は自宅組で、電車で通ってるから、たまに「終電逃した」とかで俺のとこに泊まることがあり、ここのことは当然よく知っている。
だけど

「ふうん、仲いいんだな」

正直言って面白くない。
本命が俺だったってのはすごく嬉しいけど、自分以外に仲のいい男がいると思うとつい邪推したくなるのが男ってもんだ。

「うん。高校同じだったからね、いろいろ相談に乗ってもらったりしてる」

う、俺より前から知り合いだったのかと思うとますます気になる。

「バレンタインチョコを渡す程度には親しいってこと?」

彼女は不思議そうな顔で俺を見つめた。ちょっと態度が露骨だったかな。

「もしかして、見てた?」
「うん」
「やっぱり、あの時、ドアが開いたような気がしたのに誰も入ってこないから変だと思ったのよね」

おかげで俺がどんな思いでこの二日間を過ごしたか、少しはわかってほしいと思うし、先輩との関係も出来ればちゃんと説明してほしい。

「バレンタインに自分の好きな子が他の男にチョコ渡してるとこ見てしまった男の気持ち、想像したことある?」
「じゃあ、こっちも聞くけど、自分の好きな人に、他の女からもらったチョコのお返しを相談される女の気持ちが想像できる?」
「う、いや、気付かなかった。ごめん」

そういえば話の流れでそんな話題を振ったような気がする。あとから考えてみればひどい話だと思う。だけどやっぱり。
何かはぐらかされた気がしてすっきりしない。俺ってよほど嫉妬深いんだろうか。

「わかってくれたならいいのよ。あのね・・・」

彼女は上目使いで俺のほうを見て、くすっと笑った。

「先輩の彼女、あたしの高校のときの同級生で、親友なの」

なんだ。先輩、彼女いたんだ。高校時代からの親友、あ、それで・・・。
種明かしをしてみれば、何ということはない。あれは友達の彼氏に俺の住所を教えてもらったお礼だったのか。それを俺は思い切り勘違いして。
ほんとに馬鹿だよな、自分が恥ずかしい。

「挨拶とかお礼のチョコは金曜に渡しちゃったけど、ほんとに好きな人には当日に渡したかったの。それを金曜に渡し忘れたのかとか言われてさっきは死にたくなったんだから」
「いや、その、俺てっきり失恋したと思い込んでたから」

俺はもう一度彼女を抱き寄せた。

「ほんとにごめん・・・大好きだよ」

誤解して、すれちがって、泣きたいほど辛い思いをして。
だけどやっとお互いの気持ちが通じた。
今は叫びたいくらい幸せだ。
Valentine’s day

ほんとに好きな人に
心を込めて伝えたい

I’m lovin’ you.

END


続きを読む »

スポンサーサイト

Meliting Chocolate(後編)

昨日は失恋のショックで何をする気も起きず、一日部屋で過ごした。
メールと電話はいくつか来た。
男友達と、義理チョコをくれた女の子。
だけど、彼女からはどちらも来なかった。
ひょっとして、先輩とうまくいったのかな、先輩も嬉しそうにしてたし。
月曜日、彼女と会ったらなんて言おう。
先輩とツーショットのところを見せられたら、うまくおめでとうって言えるだろうか。
そんなことばかり考えていた。


さすがに土日どっちも引き篭もっているのも精神的に不健康かな、と思って、今日は街に出てみたんだけど、幸せそうなカップルばかりが目につき、バレンタインの繁華街なんて失恋したての男が来るとこじゃないと思い知らされて、早々にもどってきてしまった。
いつも彼女を送っている、大学の最寄り駅。
その改札を出て、アパートへと向かう。
もしかしたら、その役目も一昨日で終ってしまったのかもしれない。

(寒い・・・)

ふうーっと、大きく吐き出したため息が白く凍りつく。
空を見上げると、灰色の空にちらちらと雪が舞っていた。道理で寒いはずだ。
この先の角を曲がるとアパートが見えてくる。
早く帰ろう、帰ったって何があるってわけじゃないけど、ホットチョコレートでも作って、せめて冷えた体と心を温めたい。
そう思いながら角を曲がる、見慣れた景色、いや。

まさか・・・。

信じられなかった。一面の灰色の中、浮かび上がる鮮やかなルビーレッド。
あれは・・・。
彼女のお気に入りのダウンジャケットだ。
俺は思わず駆け出していた。

「おかえり!」

アパートの階段の前で、彼女が微笑みながら言った。夢じゃない、よな。でも、なんで。

「あ、ああ、ただいま」

まだ、半信半疑のまま、俺は答えた。何で彼女がここにいるんだ。
ここに連れてきたことなんかないし、住所だって知らないはずなのに。

「よかったぁ。携帯、家に忘れてきちゃって。留守だし、出直そうかどうしようか迷ってたところだったの。はい、これ」

彼女はそう言って、ジャケットと同じルビーレッドの紙袋を差し出した。

「え、これ、何?」

戸惑う俺を彼女は軽く睨んだ。

「もう、バレンタインなんだからチョコに決まってるでしょ」
「あ、そうか。ありがとう」

我ながら気の利かない答えだ。嬉しいんだけど、あまりに意外な展開に頭がついていかない。

「でもなんでわざわざ?金曜に俺の分忘れてたからとか」

そう言ったとたん、
「もう、なんでそうなるのよ。それ返して!帰る!!」
彼女に持っていた袋をひったくられた。

「ちょっと、待てよ!」

俺は慌てて踵を返した彼女の腕を掴んだ。なんでそうなるのか訊きたいのはこっちのほうだ。

「何怒って・・・」

話を聞こうと彼女の顔を覗き込んだ俺は息を呑んだ。
頬に伝わる涙。なんで、何で泣くんだよ。

「残酷だよ・・・」
「え・・・」
「わざわざ当日に持ってきた意味もわかんないなんて、そんなにあたしに関心ないなら、もうほっといて。毎日自分の住んでるとこ通り過ぎて駅まで送ってくれたりするから、変に期待しちゃうじゃない。それが残酷だって言ってるの!わかったなら放し・・・」

みなまで言わせず、俺は彼女を引き寄せた。そのまましっかりと抱きしめる。
絶対に離したくない、その思いを込めて。

「好きだ・・・」

そう告げると彼女の体が震えた。バレンタインだけど。男が告白する日じゃないかもしれないけど。でも、どうしても今言いたいと思った。ずっとずっと言えなかった一言を。

「ずっと言えなくて、ごめん」
「ううん」

彼女が顔を上げる。こんなに間近で顔を見るのは初めてで、にわかに心臓の鼓動が速くなった。つい、柔らかそうな桜色の唇に目がいってしまう。あれ?
この距離でなければ多分気づかなかったことだろうけど・・・。

「唇にチョコ付いてる、ほんの少しだけど」
「うそ、やだ。さっき味見したから」

慌ててバックからハンカチを出そうとする彼女の手をそっと握った。

「それ、先に食べたい」
「え・・・」
「ダメ?」
「べ、別にいいけど」

ぱあっと頬を染める彼女が堪らなく可愛い。
その細い顎に手をかけると彼女はゆっくりと瞳を閉じた。

初めて触れる彼女の唇は、想像通り柔らかかったけれど、とても冷たかった。
いったいいつからここで俺を待っていてくれたんだろう。こんなに冷え切った体で、不安な思いを抱えながら。
舌先で唇をなぞると、かすかに甘い。寒さに彼女の唇の上で固まっていたチョコレートがゆっくりと溶けていくのがわかる。
失恋した、と思い込んで凍りついていた俺の心も、いつ戻るかわからない俺を待ち続けていた彼女の不安も、すべてを包み込んで。

Melting chocolate・・・

それはきっと、バレンタインの魔法。

好きだよ・・・
今までも、これからも・・・
ずっとずっと・・・

ずっと・・・



                                    END

続きを読む »

Melting chocolate 前編 (小説)

バレンタイン小説です、遅れてすみません。
明日、後編アップするつもり、ですが。
実はまだ書き上がってません。頑張りますが、遅れたら申し訳ありません。
では、以下から小説です。


Melting chocolate

2月14日、日曜日。
今日は言わずと知れた聖バレンタインデーだ。
彼女からのチョコを楽しみにしている男も多いんだろうけど、バレンタインの前々日に失恋した俺にとっては、北風の冷たさだけが身に沁みる。

ほんと、フリーズしたよな、一昨日は・・・。
思い出すと、まだ胸が痛む。
全く、間が悪いっていうか、ついてないっていうか、何もバレンタイン前に片思いの彼女が他の男にチョコ渡してるとこ目撃しなくても・・・。



今年のバレンタインは休日だから、学校や会社関係の人へのチョコは前々日にあたる12日の金曜日に渡されることになる。
そのさらに前日、建国記念の日にたまたま用があってデパートに行ったら、明日渡すチョコを買い求める女の子たちでごったがえしていた。
(ひょっとしたら彼女からもらえるかも・・・)
淡い期待を抱いてその光景を眺めていた、3日前の自分が切なく、悲しい。

同じサークルに所属する彼女とは、「親しい友達」ってところだろうか。
俺はずっと彼女のことが気になっていて、できれば「親しい異性の友達」から「公認の彼氏」に昇格したい、とずっと思っている、いや、思っていた。
でも、なまじ仲がいいだけに告白するチャンスがなかなかなくて。だけどきっと、彼女のほうも俺のことを憎からず思っているんじゃないかな、と、心のどこかで思っていた。

そして、12日。

期待しながら部室のドアを開けようとした俺の耳に、彼女と2年上の先輩の会話が飛び込んできた。

「はい、先輩、これ私からのチョコレート。いつもお世話になってるから」

え・・・。

「どうもありがとう」

先輩の嬉しそうな声。思わずドアを閉じてしまった。
そのまま2、3回深呼吸する。いや、待て、落ち着け。「お世話になってる」って言ってたし、義理チョコって可能性も、きっとそうだ。現に俺も同じゼミの子からいくつかもらってるし、ちょっと親しければ挨拶がわりにチョコくらい渡すだろう。
そうだ、それなら。今日中に、きっと俺のところにも彼女からのチョコが来るに違いない。

その後、何事もなかったかのように俺はドアを開け、いつも通りに過ごした。内心、ドキドキしながら、「これ、私からのチョコレート」のひとことを待った、待ち続けた。

が、帰る時間が近づいてきているというのに、そんな気配は全くない。それどころか「どう、チョコもらえた?」と彼女に聞かれる始末だ。「うん、まあいくつか。お返しって何がいいかな」などという会話を意中の彼女としている自分が心底情けない。
もう義理だろうが友だろうがなんでもいい。チロルチョコ一個でも、5円玉チョコでもいいから彼女からのチョコが欲しいと切実に思った。更に俺は待った、待ち続けた。彼女からのチョコを。1日がこんなに長いと感じたことはない。

しかし、ついにその時は来なかった。
自宅から電車通学している彼女を駅まで送り「じゃあね!」といつも通りに明るく手を振って改札をくぐる彼女の姿を見送りながら俺は全身の力が抜けていくのを感じていた。

(彼女は先輩にチョコを渡していた)
(もしあれが義理チョコだったとしたら、毎日彼女を駅に送っている俺のところにもチョコが来るはずだ)
(しかし、俺のところに彼女からのチョコは来なかった)
(つまり・・・)

この状況から導き出される結論は・・・

(彼女が先輩に渡したチョコは義理ではなく、本命)
(彼女が好きなのは俺ではなく先輩)

否定したい、全力で否定したい。
だけど、どう考えてみてもこの結論を覆すことは出来そうになかった。
胸が痛くて、苦しくてどうしようもない。こんな思いをするくらいなら、
・・・せめて、告白くらいしておけばよかった。



後編へ続く

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。